注文住宅の構造・工法
(在来軸組工法による施工技術)
 木造軸組工法のメリット
•木造軸組構法では、主に柱や梁といった軸組(線材)で支える施工により、設計自由度が比較的高めの工法である。
•伝統的な工法なので木造住宅を手がける建設会社のほとんどが対応できるため業者の選択肢が多い。
•ほとんどの建設会社ではこの工法のために部材類を豊富にそろえている。
•近年では耐震性向上のために壁量を増やす傾向があるが、開口幅(出入り口の幅)が大きく取れることは変わらない。
•一部を除いて将来の変更や改造が比較的容易にできる。
•法規問題が解決しさえすれば将来においての増築も可能。
•木の良さを表現するための真壁造り(柱・梁現し)ができる。
•真壁造りにすることにより、木が持っている調湿効果を期待することができる。
 木造軸組工法のデメリット
•ツーバイーフォー工法などに比べると見積価格で大工の手間料が大きくなる。
•適切な金物の使用による施工が為されれば耐震性能においてもツーバイフォー工法と比べても遜色はないが、揺れの大きさでは依然劣っている。
•ツーバイフォー工法に比べて工期がかなり長くなる。
•ツーバイフォー工法のようにシステム化されていないので、出来上がりの善し悪しが施行にあたる大工の技術に左右され品質にばらつきが出る。
※BonLifeでは、総合的なメリットはもちろんの事、注文住宅自由設計の自由度の高いお客様だけの家づくりを行います。
 デメリットと言われるコストと工期については、材料の端材を極力少なくするブラン設計技術と長年に渡り信頼ある大工職人で施工を行います。
TEL.096-284-5667
ワンクリック(電話発信)
 荷重圧力を分散・ベタ基礎
 床、県産材・自然素材
地耐力・地質調査
耐震性・耐力壁
 弊社、施工に於ける4つの重要ポイント
  宅地の確保!いよいよ夢のマイホームがスタートします。
  基礎の着工が始まります。いよいよ本格的な工事が始まります。
  あんしん住宅瑕疵保険の基礎配筋検査があります。
  建物で最も重要な部位になる基礎土台の施工。
  土台基盤になる基礎土台が終了!足場の組立。
  柱一本から始まり、屋根までの木造躯体ができあがります。
  上棟式を行い、これから無事に事故も無く、立派な家が完成することを祈願します。
  柱頭・柱脚の接合金物(N値計算)が取り付けられているか、厳しい検査チェックがあります。
  大工職人が心を込めて家づくりを行います。
  防水処理がされているかをチェックします。
  公的な第三者機関を使った検査です。
  グラスウールを使い、室内温熱環境が外部の影響を受けにくくするための断熱工事です。
  複層ガラスや二重サッシ等の断熱建材を使い、壁内での結露を防ぐために防湿層も施工します。
  外壁工事(防水紙、縦胴縁材、サイディング、スターター、土台水切)です。
  石膏ボードや構造用合板の施工、そして仕上げの内壁材です。
  外廻りの左官工事です。
  内装仕上げ/電気工事
地質、地盤調査
宅地
基礎工事
土台工事
足場工事
上棟式
躯体検査
防水検査
断熱工事
外装工事
内装工事
住宅設備機器搬入設置
外廻り工事
内装仕上/電気工事
完了検査
地鎮祭
★登記、ご入金、お引き渡し
※注文住宅の構造・工法のページを最後までご覧いただきありがとうございました。
 Bonlifeの家づくりは、在来軸組工法を採用し、施工に於ける4つの重要ポイントを駆使し施工を行います。
 是非、お気軽に住まいや空き家のご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。
  注文住宅の構造・工法